掃除ロボットRoborock新型ロボロック S6 Max V 発売「S5 MAX vs S6 最強コスパ機種はどっち!?」【動画あり】

お掃除ロボットといえばアイロボット社製「ルンバ」が有名ですが、2014年創業「Roborock」社製のロボット掃除機シリーズも、世界40ヵ国で累計550万台以上も販売していて、 いまや出荷台数も性能もルンバに追いつき、追い抜こうという勢いです。

そんなロボロック社ですが、最新型ロボット掃除機として「RoborokS6 MaxV」を発表しました。

これまでのシリーズとの大きな差として、内部に巻き込んでしまうと厄介な障害物を回避してくれるというAI機能がついたことがあげられます。

特に、家の中で飼っているネコちゃんやわんちゃんの「う〇ち」

私のお友達でも「なんかルンバが臭い」と、開けてみたら「どひゃー」なことがあり、実はけっこう問題なんですよねw

RoborockS6 MaxVは、前面についているカメラでそれら「巻き込んだら危険」な障害物をAIが察知して、避けてくれるという優れものです。

ですが・・・

実はこの機能、ペットを飼っていない人の場合、あまりいらない機能だったりしますよね。

そしたら、これまでのシリーズで、どれがいちばん、コスパ的に最強といえるのでしょう?

最新型登場で、これまでのシリーズが値崩れするこのタイミングで、あなたにぴったりなRoborockを見つけてみてください!!

動画でもこの記事をチェックできます☆

掃除ロボット新型ロボロックS6MaxV発売「S5 MAX vs S6 最強コスパはどっち⁉」

その前に・・・Roborock S6 Max V を紹介

Roborock S6 MaxVはルンバと同じような、円形デザインのロボット掃除機です。

LDSレーザーを採用した高精度で高速な空間認識性能に加えて、進行方向に2眼カメラを搭載することで視差を利用して3次元の距離を測定できるようになりました。

CPUは全機種、前々機種同様「Qualcomm APQ8053」ですが、内部アプリの精度が向上し、室内のマッピングがより正確に、高速に行えるようになりました。実際の間取りとマッピングの一致度は99%に達しているとのことです。

AIが巻き込むと危険な障害物を回避

特徴的なのは、独自のAI「ReactiveAI」が、障害物の形状を具体的に認識してくれることです。

目の前にあるのがどのような障害物かを分析して、マップ上にアイコンとして表示してくれます。

障害物は自動的に回避して掃除してくれることに加え、物体が何かを把握しているため、安全なものならギリギリまで接近して掃除を行い、ネコちゃんやワンちゃんの「う〇ち」のように、近づいて巻き込んでしまうと大パニックなものは、10cmほど離れて掃除をしてくれます。

Roborock S6 Max V

Roborock S6 Max V

価格:¥83,000-

コスパ最強Roborockを決めるにゃ!!

前機種である「Roborock S6」と前々機種である「Roborock S5 Max」を今回比較してみます。

価格差で最新型であるRoborock S6 Max V と比較して、3万円ほど低価格なこの2機種。どちらが優れているのでしょうか?

Roborock S5Max

吸引と水拭きが1台で行えるロボット掃除機で、特にカーペット上での細かいゴミの吸い込みに優れている機種です。

ペットの毛を回収するのも得意で、レビューの多くに「ルンバを超えている」との声が集まった逸品です。

Roborock 6S

前機種S5 Maxの性能を全て踏襲しつつ、静音性にこだわった機種。

アプリの性能や、内部CPUの性能も向上し、部屋のオートマッピングの精度と速度が格段に向上しています。

AIアルゴリズムが、日本の住宅にマッチしているとのことで、日本人のファンも多いです。

第1回戦 吸引力

掃除機で大事なのは、どれだけゴミを吸うチカラがあるのか? の吸引力。

ですが、こちらについてはどちらも2,000Paと引き分けです。

第2回戦 巻き上げる気流の勢い(排気量)

続いて吸引の際に巻き上がる気流の勢い。これが強いと、ただ部屋の中のホコリをまき散らすだけですものね。

S5 MAXが 18cfmに対して S6は15cfmとS6の方が穏やかで、S6に軍配が上がりました。

第3回戦 カーペット上での吸引力

続いて、毛足の長いカーペットでどれだけ深くゴミを吸い取れるか

同じカーペットの上で、同量の砂粒を撒き、それをどれだけ吸い上げるかテストしてみたところ、

S5 MAX が156gに対して S6は138g ここではS5が勝利をモノにしました。

これ、実は撒いた砂のほとんどを吸い込んだと同じことになります。

最終戦 バッテリー持続時間

最後にバッテリーの持続時間

これは、S5 MAX が150分なのに対して S6はなんと180分と、30分もS6がリード!!

勝利したのはRoborock S6

最終的にS6が2勝1敗1引き分けで、S5 MAXに勝利しました。

ですが、S5 MAXは、カーペットの上ではS6より性能が上がっていますので、お部屋によってはS5 MAXを選ぶのもありですね。

あ・・・ペット買ってる人なら断然、最新型の S6 MaxV がおススメですよ!!

Roborock S6

Roborock S6

価格:¥60,000-

Roborock S5 Max

Roborock S5 Max

価格:¥55,000-

※記事内にて表示された商品価格はおおよその平均価格です。Amazon.comマーケットプレイスごとによるセールや、アメリカドル・中国元などの為替相場の変動により価格は変動する場合があります。予めご了承くださいませ。