MUSON(ムソン)アクションカメラ:激安 4K 2000万画素「GoProと比較」なくした/こわれたとき心が痛いのはどっち??

「デジカメ」ことデジタルカメラって、もってますか?

いまはもうスマートフォンで高画質な動画や静止画が気軽に撮影出来てしまいますよね。

スマホカメラの性能がどんどん上がっていって、本来であればデジカメは存在感が薄くなるはずのものですが、電気屋さんに行ったりするとしっかりと大きくコーナーが作られていて、スマホが普及する前とあまり変わらない感じで売られています。

それは、デジカメが一眼レフや3D撮影のように「特化」した技術によって、スマホではまだまだサポートしきれない性能をもっており、スマホとは別の「もうひとつのカメラ」として使われているからではないでしょうか。

今回紹介するデジカメはとても特徴的で「もうひとつのカメラ」として重宝される逸品です。それもかなり激安価格で!!

アクションカメラとは?

ちなみに「アクションカメラ」というのは「GoPro(ゴープロ)」を代表とする、サーフィンやスケボー、スキー、マウンテンバイクなど、激しい動きのあるスポーツにおいて、サーフボードや自転車、またはカラダに取り付けて撮影する超小型カメラのことです。

テレビの撮影現場でも使用されていて、ロケなどの際にタレント個人ごとの表情を撮影するために使用されていたりもしますね。

小型、軽量、防水、耐衝撃といった要素を全て兼ね備えていて、とてもエキサイティングな動画や静止画を撮影することができます。

GoProとMUSONアクションカメラを比較☆

MUSON アクションカメラ Pro3

価格:¥8,000-

では、なぜ? アクションカメラの代表である「GoPro(ゴー・プロ)」ではなくMUSON(ムソン)という聞いたこともないような中国のメーカーのコチラの方をオススメするのか?

その理由は単純にコスパ・・・「コストパフォーマンス」です!!

ゴー・プロが約3万円〜5万円するのに対して、ムソン製のアクションカメラは1万円を切る低価格で購入できるのです。

さらに、前期型だったりすると価格はさらに安く5千円を下回ってくるものも!!

でも、そうなると「同じアクションカメラでも性能や機能がかなり違ってくるのでは?」と、思いますよね?

では、下のスペック表を見て比較してみましょう。

MUSON pro3GoPro HERO7
有効画素数2,000万画素1,200万画素
フレームレート30fps60fps
本体寸法5.0☓4.0☓3.0 cm6.2☓4.5☓2.8 cm
画面サイズ2インチ2インチ
F値2.50 f2.80 f
最低 / 最高撮影感度100-1600100-6400
手ブレ補正ありあり
スロー撮影機能ありあり
防水深度30m10m
重量62g116g
WiFiありあり
保証一年間一年間
価格約 ¥8,000−約 ¥31,000−

ぱっと見、ほとんど同じに見えますがフレームレート、有効画素数と価格の3つ以外で、大きな差があるのが「撮影深度」

カメラを使わない人だと聞きなれない言葉だと思いますので、撮影深度の差でどのような影響が出るの? 気になる方は下の項目も読んでみてくださいね。

撮影感度の差は気にしなくてOKです

撮影感度は正直なところ、デジカメの操作(撮影設定)を、ほぼカメラまかせのオートで行っている人には全く関係ない数値です。

シャッタースピードだと考えてもらえれば良いのですが、正直なところ撮影感度が1,600もあれば、アクションカメラをアクションカメラとして使用するのであれば十分事足りる数値なのです。

6,400も必要なのは、ナイトプールでの撮影や、夜間照明でのスタジアムでの撮影など、照明はあるにはあるのですが、そこそこ薄暗いような状況で必要になってきます。

とはいえ、これでも実際は3,200くらいあれば十分なので、GoProの6,400は「ありすぎ」というのが正直なところですね。

決定的な違いは「フレームレート」

スペック的にムソンの方が有効画素数も多く、本体の大きさも小さく軽く、ゴー・プロよりも安いのに関わらず性能的に高いように見られるかもしれませんが、決定的な違いは動画撮影時のフレームレート数(fps)です。

フレームレート数というのは、1秒間の動画のなかに何枚の画像が使われているのか? という数字で、この数字が高ければ高いほど動画は自然に滑らかに見えます。

ゴー・プロの60fpsという数字は、人間が通常目で見える動きの滑らかさの最大限とほぼ同じフレームレートの数字で、これを超えたとしても人間の脳では違いがわからない滑らかさとなります。

なお、テレビで放映されている地上波放送はムソンと同じ30fpsです。

テレビを見ていて「動きがカクカクしてるなぁ・・・」とは思いませんよね?

1万円以内で買えるムソンと、3万円以上するゴー・プロの価格の差は、この30fps差のフレームレートぶんといってよいでしょう。

MUSONアクションカメラ最大の魅力は「安さ」

MUSON(ムソン)のアクションカメラの最大の売りは、なんといってもその安さです。

方や3〜5万円するゴー・プロと、1万円以内、なかには5千円以下で買えるムソンのアクションカメラ。

アクションカメラは、その性質上「こわれる」「なくす」確率がたいへん高い製品です。

自分のお父さんは以前ゴー・プロのアクションカメラをもっていたのですが、友人がスノーボードに行くからと貸してあげたそうです。

友人の方はスノーボードのエアトリックでダイナミックな映像を撮影しようと、ボードの先にゴー・プロを取り付けて滑っていたところ、ジャンプした後くるくる回ったところでゴー・プロがぴゅーんと飛んでいってしまい深い新雪の中へドボン。

一生懸命さがしてくれたらしいのですが見つからなかったそうです。

友人の方が、お父さんにゴハンをおごって丁寧に謝ってくれたので、特にいざこざとかはなかったのですが、後々になって「やっぱりちゃんと弁償してもらえばよかった・・・」と嘆いていました。

さすがに5万円のものが消えてしまうというのは痛いですよね。

そう考えた時、ムソンの1万円以内、なかには5千円以下のもありなアクションカメラだったたらどうでしょう?

ちょっとだけココロは痛むでしょうが「これくらいの金額でクヨクヨする時間のほうがもったいない」と思える価格ではないでしょうか?

オプションついてこの価格です

ちなみに、ムソンのアクションカメラは、防水ケースや自撮り棒など「アクションカメラに必須」なオプションが全て付属して、この価格です。

なんだかんだで、カメラ以外のこれらのオプションを買い集めただけで5千円は超えてしまいそう。もう、お買い得感満載です!!

ここまで含めてのこの低価格設定、まるで「ジャパネット」みたいですが、もう1台ついてきたりはしないので注意してくださいね。

ドライブレコーダーにもなります

最後に、ムソンのアクションカメラは超小型なので「ドライブレコーダー」としての使用も可能です。

レジャーやスポーツで使用しないときは、クルマにドラレコとして備え付けておくという使い方もできるわけですね。

トイガンでの戦争ごっこ「サバイバルゲーム」好きなお父さんとその友人は、これを「10台」大人買いをして、フィールドの各所に設置したり、自分たちのヘルメットに装着してゲームの様子を撮影しているみたいですよ。

こわれてしまっても、なくしてしまっても、あんまりココロが傷まない価格設定は本気の「遊び」には大事なことですよね。

是非ともお手軽・お気軽に使えるMUSON(ムソン)のアクションカメラで、あなたの遊び心を満足させてみてください!!

MUSON アクションカメラ Pro3

MUSON アクションカメラ Pro3

価格:¥8,000−

※セールや為替相場により価格は変動します

   

MUSON アクションカメラ Pro2

MUSON アクションカメラ Pro2

価格:¥5,000−

   

※記事内にて表示された商品価格はおおよその平均価格です。Amazon.comマーケットプレイスごとによるセールや、アメリカドル・中国元などの為替相場の変動により価格は変動する場合があります。予めご了承くださいませ。