X-Oasis (クロスオアシス)「独身お父さんのHな体験記をVTuberの娘がつらつらと書き綴ってみる」

本文を書く前に、ワタシとお父さんのことを少しだけ書きます。

ハッキリ言って、ワタシとお父さんはとっても仲が良いです。

ワタシとお父さんは、数年前にお母さん、そして最愛の奥さんを亡くしました。交通事故でした。

それからワタシたちは、おばあちゃんとの3人で熊谷市の一軒家で暮らし始め、大きな存在を失った悲しみを埋め合わせるかのように、互いを庇い合って過ごしています。

父子家庭、母子家庭の絆って、思ってる以上に強いんですよ♪

やっぱりどこか、お母さんの面影があるようで、お父さんはちょくちょくワタシをデートに誘います。

もっぱらクルマに乗ってのドライブですが、そこで見せるお父さんの姿は、父親というより年上の男性の友達という感じで、ワタシのバカな話にも付き合ってくれますし、お父さんもバカなことをいっぱい言ってくれます。

その一面が、ある意味「大人ってホントは怖くない」ってワタシに印象付けてくれて、けっこうそれは人とのコミュニケーションに役立っています。

本当にお父さんはバカで、そのバカっぷりは以前にメンバーのスミレちゃんが書いた記事、出会い系マッチングアプリで見える「AI人工知能は恋人になれる?」で大きく暴露されてしまいました。

暴露されたついでに、YouTubeのライブ配信でワタシ自身からもそのエピソードを公開してしまいましたw

散財⁉ 重課金⁉ お父さんが出会い系にハマって4年経つハナシ【木乃葉ミキ #VTubere】

そんなちょっとおバカなお父さんが、ある日ワタシに言いました。

「X-Oasis」って知ってる?

X-OasisはVRを利用した「人×人」のエッチなサービス!?

VTuberをやっていることや、VR関係のブログ記事を書いているワタシのことを知っているお父さんは、なにげにちょくちょくVR関連の情報などをスマホで検索していて、オモシロそうなのがあるとワタシに教えてくれます。

まあ、たいてい既に知っていることだったりするのですが「X-Oasis(クロスオアシス)」のことについては初めて聞きました。

最初は「X(エックス)」という単語から、VRの後の発展形となる「XR」に関係するサービスかな? と思ったりしたのですが、聞いてみるとVRを使用したエッチなサービスとのこと。

どうもワタシが持っているVR機器が使用できるので、それを借りるために話を持ち掛けたみたいです。

普通の父と娘なら「なに言ってんのお父さんヘンタイ!!」ってなるのでしょうが、上にも書いたエピソードのように、既に出会い系にハマって散財しているお父さん。

なんとなく、ワタシのなかにはそれくらいのこと擁護できてしまう免疫みたいのができていて・・・

特に、ちょっとエッチな話題の記事は人気も出るので、ワタシの方から

「体験記をブログに載せてみたいから、やってみて!!」

と、背中を押してしまいましたw

科学技術の発展にエッチはつきもの?

新しい科学技術が家庭のなかに入り込むにあたって「エッチなこと」というのは切っても切れない関係のようで。

古くはDVDやBlu-rayといった動画再生媒体が家庭に普及したのも、お財布のひもを握っている一家の主であるお父さんが「エッチなものもあるなら買ってみるか」ということから購入が進んだようですね。

それは、インターネットの普及もそうですし、なによりVR機器の販売台数にも大きく影響しているようで、VR機器の主たる使用目的の8割は「エッチな動画観賞」用のようです。ゲームとかは残り2割しかないみたいです(え・・・!?)

VRトラッカーの発展の一助となる??

X-Oasisはヘッドセット、ゴーグルといった頭部に付けるデバイスだけでも楽しめるサービスのようなのですが、極めつけは「トラッカー」と呼ばれる、カラダの動きをVR仮想空間内の自分のアバターにフィードバックさせる機器を使うことで、もっともっと楽しめる・・・ということ。

VR用のエッチ動画でVR機器が飛ぶように売れた次は、X-Oasisによりトラッカーが飛ぶように売れる時代が来るかもしれません。

HTC VIVE Tracker

HTC VIVE Tracker 2018

価格:¥12,800-

使用目的はなんにせよ、販売台数が増えれば次期製品の開発に繋がって、更に高性能の機器が登場します。

ワタシたちゲームやVTuber寄りのユーザーたちは、その恩恵にあやかって新製品を購入して、更に快適な環境を楽しめば良いわけで、このサイクルは需要と供給、そして開発を潤わせるのにとても最適なのではないでしょうか?

お父さんのX-Oasis体験記

ひとまずタイトル通り、お父さんの体験記をつらつらと書いていきますw

正直なところ、やはりそこはそこ。

父親と娘の関係なので、いろいろなところはオブラートにくるみながら話してくれたので、しっかりとみなさんに伝わるかどうかはわかりませんが、書き始めますね。

アニメは好きだけどアニメ過ぎるのは・・・!?

X-Oasisに登場するキャストさん(3Dモデルの女性)は、どれもアニメ調デザインの女の子ばかりです。

お父さんはもともと学生時代からアニメが大好きで、20代前半は某大手アニメ会社でも働いていたりしたりとアニメ大好きなので、この部分については大きく好感が持てたそうです。

が、お父さんの好みは「絵柄」というより性格によるものが大きいようで、これがちょっとマイナス印象になってしまったようです。

どういうことかというと、これらキャストさんの中にはVRを使用して操作をしている、いわゆる「中の人」がいるわけなのですが、どうしてもアニメ調の3Dモデルを使っているせいか妙にアニメアニメしてしまっているようで、それがどうもついていけない風なところがあるとのことです。

お父さんとしては新海誠監督の作品にあるような、アニメではあるけれどしっかりと日常的な仕草をしてくれるキャラクターが好きみたいで・・・

「当たりがでるまで、他の子でも試してみる」

と、仰られておりました( ̄▽ ̄;)マダヤルンカーイ

自分が相手に見えないことの快感!?

とはいえとはいえ、VRを通してのサービス(?)には、けっこう満足していたみたいで・・・

「最初のうちは、どうしても拭えない違和感みたいなものがあるのだけど、会話が弾んで集中していくうちに、なんだか自分もアニメのキャラクターになってしまった気分になった。そうしたら世界に入り込んでしまって、これまで感じたことない新鮮な体験をすることができた」

と言っていました。

詳しくこれについて聞いてみると、どうにもお父さんのなかでスイッチがONになったのは「自分の姿が相手に見えていない」ということに気付いたあたりからとのことです。

相手の女性も、3Dモデルの姿を借りて本当の姿が見えないのですが、同時にお父さん自身も本当の姿は相手に見えていません。

それを悟ってからは、自分も「なりきり」的な世界に没入して、10歳くらいは若返った感覚で女性とお付き合いをしていたそうです。

相手を色々な意味で「汚さない」ことの大事さ?

そういうハナシをしていると、突然お父さんは哲学的な話をし始めました。

お父さん的には、娘に自分のしていることを正当化したいがために、無理矢理こじつけたお話なのかもしれませんが、けっこうそれが的を得ている内容なので、これもキチンと綴っておきますね。

お父さんがこのX-Oasisのサービスで、一番感銘を受けたのは「お互いに触れあわない」ということでした。

言葉を変えれば「相手を汚さないこと」と、お父さんは言っていました。

本当かどうかわかりませんが、ワタシのお父さんはいわゆるそういうエッチなお店に行ったことがないそうで、その理由は「女の子がかわいそうだから」ということでした。

何度も会社の帰りとかに、行ってみようかな? なんて思ったり、ワタシとおばあちゃんが揃って家にいないときなどは、そういう女性を呼んでみようかな? なんて思ったりしたこともあるらしいのですが・・・

どうしても、相手の女性のことを考えると、見ず知らずの男性にお金をもらえるとはいえ、カラダを触られたりそれ以上のことをされるのは、恐怖以外のなにものでもないだろう。自分の娘がそんな目にあってたら耐えられないし、それはきっとその女性の親もそうだろう。

と、考えてしまうそうなのです。

・・・けっこう聖人ですね(ホントかな?)

なので、VR越しで行われるこのサービスなら、相手も直接触られるわけではないし、実際の姿を見るわけではないので、ほとんど恐怖のようなものはないだろう。

また、性病に感染する恐れもないので健康面においてもマイナスではないし、このサービスによって、かなり多くの女性がそのような職業から陥る様々なトラブルから解放されるのではないか? と、言っていました。

感想の締めくくり「料金について」

ただ、最後に。

ここでお父さんの体験記は締めくくられるのですが、お父さんの最終的な感想は。

「高い」

ということでした。

リアルな人間同士でのサービスの相場がどの程度のものかわかりませんが、お父さんの言葉を借りれば、

「ガールズバーの料金と同等で良いと思う」

とのことです。

対面して会うこともなく、実際の姿を見られるわけでもないのだから、それを両方こなしてくれるガールズバーより高いのはいかがなものか? と、熱弁していました。

あれ・・・お父さん? さっきまで、自分はそういうお店に行ったことないって言っていたような・・・

ただ、このへんはもう少し競合サービスとかが出来てくれば変わってくるのでしょうね。

こういうお話をニコニコ聞いてあげるのも、親孝行なんではないかな? なんて自分を言い聞かせながら、体験記を聞かせてもらいました。

恥ずかしそうにしながらも、ちょっと武勇伝ぽく喋るお父さん。またまた男の人ってカワイイなって思っちゃいましたw

文中でも書いたように、実はエッチなものというのはテクノロジーの普及に大きく役立っているもので、切っても切り離せないものです。

X-Oasisもそんなテクノロジーの普及の一翼を担った存在。

これから大きく発展してくれると嬉しいですね♪

HTC VIVE Cosmos Elite

HTC VIVE Cosmos Elite

価格:¥115,000-